読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mustとhave to、さらにneed toの違い

3つの違いをまとめると

Mustとhave toは時に入れ替えとして使われますが、実は意味に違いがあります。二つの単語の持つ意味に若干差がある。

  • must 命令のように話し手の価値観でやらないといけない
  • have to 話し手の判断ではなく、やらないといけない
  • need to 何かを達成するためなどの必要性に駆られて

学校を離れた後に蓄積したたくさんのインプットから考えて、がmustに比べると圧倒的に頻繁に使われる。これは、have toの意味の方がよく使われることを示している。

 

正直なところ、この二つの違いを感覚的に習得しているかと言えば、よくはっきりしない点もあるので、教科書や英語学習の本から得た知識を紹介する。

mustの用途

mustはmustという言葉を使った人の考えで命令しています。

例えば私が読者のあなたに向かって、You must get out of here.と言えば、出て行っていかなければいけない主な根拠は、客観的な原因ではなく、私の意見です。

また、I must be going.と言えば、それを判断したのはIと言った本人です。

このような意味のためか、have toと比べるとmustはあまり出て来ません。

have toは客観性

一方のhave toは客観的な原因によって何かをしなければいけないこと示します。

 

客観的な原因とは例えば、「会議があるから10時に会議室に行かなければならない。」の例で言うと、「会議がある」という話し手の意思とは関係のない原因などが挙げられます。

need toはどこかに必要性

「新宿まで行くには東京駅で乗り換えないといけない」のような文ではneed toが最も適しています。日本語では「乗り換えないといけない」を使いますが、英語ではhave toではなくneed toのほうがふさわしいです。

 

このneed toに関しては、その英語、ネイティブにはこう聞こえますSELECTから知識を得ました。この本は為になる話がたくさんありました。

関連記事: