読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピンなどで英語覚えることはダメだという誤解

フィリピンでの英語研修の人気が出てきているらしいです。

スカイプ英会話でもフィリピン人の先生がいる学校もあるようです。

この話になると

  • 「フィリピンなんて...」
  • 「フィリピン訛りの英語身に着けて何になるの」

と考える人がいます。この発言をする人は一般に言われている国際化や異文化理解から離れたところにいると私は思います。

 

以下の記事を見て今回の記事を思いつきました:

「英語を学ぶのは“スポーツ”と考えた方がいいですよ」:日経ビジネスオンライン

誤解の背景4要素

  • 白人以外を見下している
  • フィリピン人の英語がアメリカ人に通じないと思っている
  • 訛りが伝染すると思っている
  • ダサい訛りがうつったら治らないと思っている

最初に結論を言うと:

フィリピン人の英語は十分世界で通用している。そのフィリピン人から習うからと言って、フィリピン特有の訛りを身に着けることはないし、しゃべり方の特徴なんてものは後から変えられる。

フィリピン人を全て見下している

英語を学ぼうとしているのに、外国のアジア人を見下している人がいるとすれば、それこそが英語を話している国々の常識ではありません。

自分がアジア人ということで差別された時に怒る資格はないです。

このような心理もアジア人との正しい付き合い方―異文化へのまなざし (生活人新書)で説明されています。

フィリピン人の英語はアメリカ人に通じないと思っている

最大の誤解は、フィリピン人が話す英語なんてどうせアメリカ人に通じないと思っていることです。英語が通じなかった経験がある人たちがそう思っているのかもしれません。

まず実際にフィリピン人の英語を数人程度しか聞いたことない時点での発言だとしたら、この発言自体が空想を基にした意見だということになるので、そもそも話になりません。

本題のフィリピン人のレベルに関して、そうは言っても様々ですが、

 

海外で出会うフィリピン人の多く < ちょっと語学研修した日本人

 

また、自分は英語が話せないのにフィリピン人の英語をさげすむ人もいます。

英語が身近なフィリピン

フィリピンに行けばほとんどすべての人が英語が理解できる人たちだとすぐにわかります。下の写真は日曜日午前の香港セントラル(Central、中環)の様子です。

 

香港セントラルの日曜日はフィリピン人家政婦でいっぱい

この地べたに座っているのは香港で家政婦をしているフィリピン人たちです。フィリピンという国は海外で出稼ぎしている人が多いことを支えているのは、国内で英語が使える人が多いことも1つ理由です。

では、英語でものを伝えるという点ではどちらに価値があるでしょうか?

 

英語が話せない人 < ちょっと難はあるかもしれないが、英語が話せるフィリピン人

 

先生はちゃんとした先生の「はず」です

フィリピンにも正式な資格を持つ先生はいるのでその辺は大丈夫です。まさか英語の先生が英語が下手なんていうはあり得ないのは考えたらわかることです。日本の学校の英語の先生とは仕事の内容が違います。

フィリピンでの留学のコツや体験談などについては、フィリピン「超」格安英語留学が詳しいです。

この本によると、フィリピンで基礎的な英会話ができるようになって、次に英語圏に行く人もいるそうです。

関連情報:

セブ英語学校体験入学記 フィリピン人は英語がうまい。なのにはなぜこの国は貧しいままなのか?/huffingtonpost.jp

「訛りがうつると取れない」という誤解

そもそも、自分の話し方なんて自分でいくらでも変えることができます。それが外国語であっても可能です。

そもそも移る現象はどれくらいの確立で起こるのかを考えます。アメリカに留学してアメリカ人みたいな話し方になっていない人が多いです。

フィリピン以外の安い英語語学研修先

フィリピンだけでなく、マレーシア、フィジーなどもある。私はシンガポールに行ったことがある。他にもマルタなどの選択肢もある。

また、純粋な英語圏であるのに「標準的な英語でない」と汚名を着せられたオーストラリアやニュージーランド。アイルランドはあまり知られていないためか何の評価も受けていないようです。

また海外に行かなくてもスカイプ英会話や日本の英会話学校でもアジア人教師による学校など選択肢は豊富にあります。

<世界の英語>