読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語ができれば外国人家政婦を雇える

英語を話すフィリピン人の家政婦さんを雇える

ネット上で雑用や仕事を頼む以外に、家政婦さんに家事をしてもらえる。日本の上流階級はどうかわからないが、少なくとも日本の中流にはなじみが薄いだろう。

しかし、僕の知る限り、シンガポールや香港のお金持ちや共働きの間では一般的だと聞いている。香港を旅行して、白人の子供を連れたフィリピン人女性を見かけるとよくわかる。

最近は日本語ができるフィリピン人家政婦もいます。

家政婦を雇うのが普通の国

シンガポールではフィリピン以外にもインドネシア人の家政婦さんもいる。このようなサービスを利用し、家事のような雑事から解放されると、自由時間が増える。これはかなり実用的。

家政婦さんのサービスは日本にもあるだろうが、外国人に頼むことで人件費が格段に安くなる。他のサービスの多くも、外国人に依頼するのではなくて、日本人にも依頼できるが人件費が違う。人件費が安いと、先進国の人間が作業してできるものとほぼ同じものを安く作れる。費用が少ないと大量に雇って素早く仕事を片付けることも可能。

これは今後、技術革新によって変わるだろう。早く日本の技術で家事ロボットを開発・実用化して欲しい。