読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベトナムでのバイクの多い道の意外な渡り方

ベトナムを初めて旅行すると、途切れることなくバイクが走っていて、しかも信号機がない道ではどうやったら渡れるのかわかりません。それに対して、ベトナム人はのんびり歩いて道を渡っています。

Vietnam's busy streets!

image: spmath @flickr

意外な渡り方

走らず、バイクがちゃんとよけてくれるのを確認しながら渡りましょう。

私も初めてベトナムに行く前に「道を渡る時は走らないでください」と言われた時は、意味がわかりませんでした。解説します。

バイクが歩行者を避けてくれる

ベトナムではバイクは基本的には前方に注意しながら、あまりスピードを出さずに走っています。歩行者がいると、歩くスピードを見ながら避けて進みます。

走らず、ゆっくり歩く

走り出す人

ベトナムの運転手は歩行者の歩くスピードを予測しながら避けますが、歩行者が慌てて走り出すとかえって危険です。

よく外国人旅行者が道を走りながら渡っていますが、ほとんどのベトナム人は走りません。

バイクの運転手の目を見る

目線でアピール

前をしっかり見ていない運転手の場合は危険ですので、 相手の目を見て存在をアピールしつつ、相手がこちらに気付いているか確認します。

ベトナム人の中には、手でバイクの運転手に合図を出しながら道を渡る人もいます。

油断禁物

この方法で意外と楽に渡れるのですが、慣れてきた頃に油断してしまうと危険です。十分に注意して渡ってください。道を渡る時は、左右だけでなく、後方から来るバイクにも気をつけてください。

またバイクと比べると、車は簡単には避けられませんので、車には注意してください。

バイクで渋滞するベトナム

日本人にとって、バイクで渋滞という言葉は冗談のように聞こえますが、ベトナムでは現実に起こります。日本では、人が街や電車で「渋滞」していますが、外国では冗談だと思われるかもないのと同じことです。

Vietnam

image: M M @flickr