読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国語を覚える時に一番効果があった学習法

中国語を独学で勉強するのに一番良い教材だったのは『今すぐ覚える音読中国語 (東進ブックス)』です。

効率的な語学教材の活用方法

私がこの教科書をどうやって活用したか紹介します。

独学で勉強していたので、どうやったら飽きずに教科書の最後までやり通せるかを考えて、実践してみました。

ただし、基礎文法を一通り勉強した上でやってみないと効果は薄いです。初級文法の教科書などについては別の投稿で書いています。

中国語学習で使用した市販の教科書やオンラインの教材

教科書の学習計画を立てる

先ず、最初の一課をやってみて、一課ごとの容量を見た結果、一日一課なら毎日できそうだと思いました。毎日あらかじめ決めた課だけをすることにした。

つまり、具体的には、一日一課だとPart 1が終わる13課まで13日かかるので、13日後の日にちをポストイットに書いて貼ります。

ポストイットのついたノート

休んでしまっても予定通り

毎日やるのが理想的ですが、何かの事情でやらない日があった場合、次の日に前日の課をしたりはせず、前日はしないまま予定通りの課をやります。これなら、毎日進歩がある。最後まで行ったら、やらなかった課をいつやるかを決める。

耳が開けば付属CD音源を聞きまくる

僕は付属のCDを合計30回くらい聞きました。洗濯物を干す時や室内で腹筋や腕立て伏せなどの運動をする時などにCDコンポで流していました。

 

 

 

音源を聞くのに良い機器

これにはパソコンは不向きで、CDラジカセコンポが良いです。気が向いたときにすぐに音源を流せる。耳で音声を覚えよう。目で覚えると実際の発音とずれたり、リスニングの練習にはならないので、外国語の音を聞くときに聞き取れない。

先に文を見ておく

音を聞く前に、テキストを読んで内容や単語などを見ておいたほうが、理解しやすくて、効果も高いです。

チャンクを覚えて単語を入れ替える

この方法、つまり同じ音源を何度も聞く方法の長所は、努力して暗記することなく、文全体が頭の中に残る。例えば、

 

多亏了您的帮助,我习惯了这里的生活。(あなたのおかげで、ここの生活にも慣れました。)

 

と言う文の場合、「多亏了(おかげで)」を思い出すだけで、文全体も思い出せる。この文をそのまま使うのもいいし、自分の状況に合わせて単語を変えるのもいい。

言語学ではよく使われる単語の組み合わせや句のことをチャンク(chunk、塊り)と呼ぶ。どうせ同じ組み合わせで使われる単語たちなので、いっそのことその組み合わせのまま覚えると、自分が使う時に便利です。

この音読シリーズ教材の良さ

この本が扱う内容も良かった。「環境問題」「オリンピック」などの現代中国の社会問題などももちろんのこと、「野次馬のように見物する」「中国の大学のキャンパスの様子」など普段の中国人の生活に関する知識・単語も得られる。課ごとにあるコラムもいい。このような外国語の教科書にあるちょっとした小話も面白い。

CDの南方訛りについて

アマゾンのレビューには、地方訛りがあって標準的ではないと理由で低い評価をしている人が多いです。

CDの後半部分の男性は、shやzhが標準的な発音でないことは確かですが、私の個人的な意見ではこれはむしろ良いことだと思います。実際に中国人と話す時にはこのような発音の人は非常に多いです。その為に、これに慣れるために、こういうしゃべり方があると知っておくべきだからです。

中国人と話す時に「標準的な発音で話して」とお願いしても必ず直せるとは限りませんので準備して置く方が良いと思います。

学校や教科書では習わない実際の中国語の訛り

また、中国語を自分で発音するための学習という面でも、地方訛りを聞いたからと言って、その訛りから標準的な訛りに直せないということはありません。

文法を学ばずに中国語を習得できるか

中国語は何も勉強したことない状態で、例文を覚えていけば、帰納的に文法が自然に身に着くのか実験してみたが、うまくいきませんでした。

色々な本を読んでいると、昔の日本人は「支那語には文法がない」と言っていたらしく、僕は文法を系統的に勉強する必要がないかもしれないと考えました。

しかし、この本で勉強する文の単語が全て新出単語で大変でしたし、例えば一課の「大学畢業」の語順がなぜこうなるのかがわかりませんでした。結局、別の教材の簡単な文法の解説を読むことにしました。

文法は『中国語レッスン初級〈1〉 (マルチリンガルライブラリー)』で学びました。

中国語の単語を効率的に覚える方法

中国語と日本語の漢字の読み方に一定の法則があるので、中国語の発音を覚えるのが楽です。

詳しくは、中国語の発音と日本語の変化規則 en-ian k/g-xi-hなどで紹介しています。

今すぐ覚える音読中国語 (東進ブックス)

今すぐ覚える音読中国語 (東進ブックス)

 

関連記事: